禁煙の離脱症状と対処法

禁煙の離脱症状と対処法

禁煙成功の法則。それはあなたに合った禁煙方法を見つけて実行することあらかじめ戦略を立てておくことで、吸わない習慣を身につけることができます🌈

タバコの呪縛から解き放たれるには「離脱症状」「喫煙の習慣」への対処が必要です💡そのためには、禁煙補助薬(ニコレット、ニコチンパッチ)だけでなく、吸わないための喫煙習慣を身につけることも重要です。

1.  禁煙の離脱症状とは?

  • タバコを止めると「タバコを欲しくなる」「不快な症状」などの離脱症状(※)が出現します。 ※ 体から「ニコチン」が抜け出すためにみられる症状。
  • 通常禁煙後3日以内にピーク、おおむね1週間、長くても2~3週間でなくなります。
  • 禁煙を成功するには、どんな症状か知り、対処方法をあらかじめ決めておくことが大切!
image

2. 離脱症状に打ち勝つ3つの対策

image

その1:環境を変える

ここに行くとつい吸いたくなる。。。そんな場所はありませんか?禁煙中に吸いたい気持ちを起こりにくくすることも大切です。

image

その2:行動パターンを変える

喫煙していた頃と同じ行動パターンをとると「吸いたい」気持ちが強くなることがあります。禁煙開始と同時に行動パターンを変えて、吸いたい気持ちを刺激しないようしましょう!

image

その3:代替行動を決める

吸いたい気持ちは実は一瞬です。タバコを吸いたくなったら、代わりに行う行動を決めておき、吸いたい気持ちをコントロールしましょう!

image
image